固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


共同重点研究

 本年度は、栃木県産業技術センターの食品技術部と宇都宮大学と弊社での共同重点研究を行っています。「大麦のダイレクトGel転換による高付加価値加工技術の開発」を課題にして研究開発を行っています。1月26日に県内で発表を予定しておりますので、そのための最終の打合せをさせて頂いております。更なる技術と開発により素晴らしい商品が出来る事を期待しています。大麦の機能性に関しての研究開発も数年行ってきましたが、栃木県の麦の収穫が多い事と、大田原市内の農家さんも沢山美味しい麦を耕作しているのですが、中々美味しい商品の開発が難しいため、この開発を受託致しました。作業性の悪さと雑穀臭の強さがネックですが、この研究で作業性も上がり雑穀臭がマスキングなしでも大丈夫な結果も出てきました。来年度4月からもこの研究を引き続き行う事が決定しております。更にグレードアップした商品を開発できればと考えています。下記の写真は、通常グルテンの無い大麦ではパンは膨らみませんが、100%大麦でパンを焼成致しました。
PD写真
グルテンフリーの大麦100%パン

★商品を購入したい、もしくは取り扱いたい方、その他ご質問は下記までお問い合わせください。 
株式会社 大田原ツーリズム
〒324-0041栃木県大田原市本町1-3-3 大田原市総合文化会館2階
TEL:0287-47-6759  FAX:0287-47-6760  Email:info@ohtawaragt.co.jp

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

東京の高校生の受入

12月19日(月)からの1泊2日にて、東京の高校生の皆さまが、農家民泊とチームビルディングの体験のため、お越しくださいました。
大きな学校さんのため、普段なかなかクラスの生徒さん以外とコミュニケーションを取る機会がなく、今回は親睦を深めるということが目的ということで、冒頭にチームビルディングのプログラムを取り入れました。普段話したことのない生徒さんたち同士が自然とコミュニケ―ションを取ることができるプログラムは、参加者の皆さんにとって、いい経験になったようです。これまで顔を見たこともなかった同級生と知り合うことができるいい体験となりました。
 その後は農家民泊です。一緒に生活をすることで、仲間同士でも普段とは異なる一面が見れたようで、生徒さんたちの仲もぐっと深まるとともに、学校生活では味わうことのできない、農村での体験を満喫しているようでした。生徒さんたちは冬でも農家さんがたくさんの仕事をしていることが、とても印象に残ったようでした。
 今後も学校様のニーズに合わせたプログラムを展開していくとともに、大田原の雪があまり降らないという特徴を活かした「冬の農家民泊」も、積極的に展開していきたいと考えています。
GT写真
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大田原市 移住体験ツアー 開催

2月25日(土)~26日(日)に大田原市移住体験ツアーを開催します。
このツアーは、大田原の街と自然が共存し、食べ物の良さや人の良さを感じられるツアーで、大田原市の子育てに関しての支援を知り、移住について想像ができるようなツアーとなっております。
1泊2日(昼食2回、夕食朝食1回付き)の体験料金は、大人5,000円、子ども2,000円で東京駅が集合解散場所となります。
今回は「農と自然に暮らす旅」「シニアなゆとりで暮らす旅」のコースを2つ分けてご用意しました。目的に合わせて施設の見学と体験をして頂く予定です。また宿泊に関しても、農家民泊とホテル宿泊を選択できるようになっております。
お食事は、地元の食材を生かした料理を堪能していただき、また季節の農作物イチゴを収穫する体験していただく予定です。また、夕食には地元の方との交流会をいたしますので、大田原での生活について、先輩の意見を聞くことが出来ます。
五感をフルに使い大田原市を感じて、自分たちの生活の未来について考えてみませんか。

お問い合わせ:大田原市移住・定住サポートセンター 
       【e-mail】 life-support@ohtawara-miraijyuku.jp
【TEL】 0287‐46‐5102
お申し込み:株式会社大田原ツーリズム 
       【e-mail】info@ohtawaragt.co.jp
【TEL】0287-47-6759
チラシ表1チラシ裏2
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

にいがた6次化大賞


11月16日~18日まで開催された、「フードメッセにいがた2016」の展示会に参加致しました。にいがた6次化フェア2016 6次化大賞の最終審査に「大田原の恵 米粉パスタ」が最終14社に選ばれ16日にプレゼンテーションを行いましたが、最終審査の賞を頂く事が出来ませんでした。沢山の方々に試食頂き、好評のパスタをこれからどの様に営業して行こうか試行錯誤しています。この商品は、じっくり取り組んで参りたいと考えております。先ずは、沢山の方に認知頂く事が大切だと思います。
PD新潟ポスター

<フードフェスタ宇都宮>
11月22日に宇都宮で行われたフードフェスタに参加致しました。食品以外の出展者も合わせ全体で326社の出展で賑わいました。既存の取引先や各社の紹介なども受けて商品の提案を行いました。米のカテゴリーや麺のカテゴリーの中で、「米粉パスタ」と那須御養卵の親子つくね棒が人気商品となりました。
PDパスタPDつくね棒
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

中国人高校生の受入

11月10日から3泊4日で、中国人高校生の皆様28名と引率者2名に大田原を中心とした栃木県へお越しいただきました。
今回は日本の伝統文化を体験されたいということで、ホームステイを通じた各家庭での日本の伝統的な暮らしの体験以外にも、様々な日本の伝統文化を体験していただきました。
一行はまず那須烏山高校で日本の学生さんと交流し、日本の学生生活に触れるとともに、同世代の仲間づくりとして、積極的にコミュニケーションを取っておりました。お別れの際には日本の学生さんも涙するなど、一期一会の素晴らしい出会いが印象的でした。
その後、大田原で日本人の伝統的な精神文化の一つである坐禅を体験していただきました。中国ともゆかりの深い仏教と日本のお寺の歴史についても説明いただき、中国の学生さんたちも、日本人の精神的な面での充実の一端を感じていただくとともに、日本と中国の繋がりを実感して頂く象徴的な体験となりました。
また草木染も体験し、日本人が古来から大切にしてきた、派手さとは異なる、奥深くつつましい美意識についても触れていただきました。
その後8軒の農家さんに分かれてのホームステイも実施。今回は1泊2日という短い滞在となってしまいましたが、各家庭では非常に印象深い受入となったようで、学生さんたちの真面目で勉強熱心かつ目上の人をとても敬う精神に受入家庭に皆さまも感心されておられました。ステレオタイプな中国人のイメージが大きく変わった瞬間だったと多くの方がお話されておられました。
今後も様々な国の方を受け入れながら、日本人が抱きがちなイメージとは異なるそれぞれの国の人々の良さを、地域の方々にも知ってもらえる、そんな機会を積極的に作っていきたと考えております。

2811 GT写真
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)