固定表示スペース

このように、お知らせなどをブログのHOMEページ上部に表示できます。
以下、サンプルの文章です。テンプレート使用時に削除可能です

きれいなコーディング、シンプルな見た目

  • 内部SEO対策済
  • 画像未使用、外部JSファイル未使用で表示が速い
  • W3Cで Valid 
  • HTML-lintで100点

ちょこっと試してみよう!

当テンプレートでは、HTMLをほんの少し編集するだけで、下のボタンで切り替えられるようなことはすぐにできます。その説明や方法をテンプレート内や作者サイトに記載しています。

 角丸   記事左   ブログタイトルよ、画像にな~れっ! 

 赤   ピンク   橙   カーキ   黄   緑   青   紫   デフォルト色 

 その他の特長も表示可能です。 

かんたんカスタム機能

  • 上のボタンで試せるようにブログタイトルに画像使用OK!
  • 角丸、配色、記事配置をかんたん切り替え
  • コメントの装飾を、シンプルもしくは吹き出し風からかんたん選択
  • HTMLとCSS内にカスタム用説明記述済
  • 編集方法を記載したページのURLも記述済

読者を迷わさない充実ナビゲーション

固定表示スペースを目的別に複数設置可能

  1. HOMEページに固定表示スペース
  2. カテゴリーページごとの固定表示スペース
  3. 各記事最後に固定表示スペース
  4. 各ページ下部に固定表示スペース
  5. サイドバーの背後(下部)の空きスペースを有効活用可能
  6. 上記固定表示スペースが不要な場合、CSS編集の冒頭部分で簡単に非表示可能

試しに上記3~5を非表示にできます。 非表示  

上のボタンは表示切替をした場合の一時的なイメージです。CSS編集で実際に表示・非表示を切り替えられます。作者サイトからのコピペでOKです。

記事本文がメイン、テンプレートはサブ

  • テンプレートがシンプル設計なので記事本文に注意を引かせやすい
  • IE6~8でも崩れず表示可能 (プログレッシブ・エンハンスメント)

わりと自由な使用条件

  • カスタムOK (むしろ推奨)
  • アフィリエイトサイトOK
  • 商用利用OK
  • 作者へ質問OK
  • 再配布OK (ただし作者の許可必要)
  • 作者サイトへのリンクの削除・改変NG
  • アダルト・違法サイトNG

このテンプレートは、HTMLとCSSをこれから覚えていきたい方にも使っていただけると思います。


アメリカ・シンクタンク所属社会人受入

2月16日(月)からの3泊4日にて、アメリカのシンクタンクにお勤めの社会人グループの皆さまが、対日理解の促進を目的として、栃木県及び大田原へお越しくださいました。
アメリカと日本の人的交流を通して信頼と理解を深め、両国の友情と協力関係を育むということを目標に、栃木県を代表する企業への視察や大田原でのホームステイを実施いたしました。
 企業視察では、栃木県が誇る日本有数の中小企業の一つの工場に訪問し、その技術力の高さと発想力ならびに世界でもトップシェアを誇る意外な一面に参加者は強い興味を持ったようでした。
 また栃木県を代表するシンクタンクに訪問。地域活性で先進的な取り組みをしている研究所でのお話は、アメリカのワシントンのシンクタンクにお勤めの皆さまにとっても新しい視点を与え、興味深いお話となったようでした。
 また当初実施する予定のなかったホームステイでは、参加者の皆さまとても盛り上がり日本の家族との交流を心より楽しんでおられたようでした。
 弊社が作成した動画をきっかけに今回のホームステイの実施を決定していただきましたが、その動画を母国に帰っても、皆さまに広めていただけるということで、弊社にとってもとても大きなPRにもなった機会となりました。
 今後も大田原での農家民泊の素晴らしさを世界に発信し、より多くの方に感動を与えていけるよう、努力して参ります。
GT写真

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

共同重点研究発表会

1月26日(木)に宇都宮アグリプラザにて、フードバレーとちぎの共同重点研究発表会が行われました。弊社は、宇都宮大学・産業技術センターと共同で「大麦のダイレクトGel転換による高付加価値加工技術の開発」を行っております。今回は、弊社で試作した「大麦100%パン」「大麦ゲルチョコケーキ」を皆様に試食頂きました。アドバイザーとして高島屋商品部・フードバレー十勝・宇都宮短期大学栄養科の教授が参加頂き、9社の商品の感想を述べられました。中でも弊社の研究をとても高く評価頂きました。グルテンフリー商品である事、機能性が高い事、これからの高年齢者の介護職としても需要がある事、アレルギーの対策商品である事などをお話し頂きました。まだまだ試作レベルの商品ですが、今後他社とのコラボで商品化の可能性は高いと思われます。

<大麦ゲルチョコケーキ>
★小麦は使用しておりません。アレルギー対策と大麦の水溶性の食物繊維が豊富である事、チョコレートのポリフェノールの機能性と高カロリーである事から、高年齢者の介護養殖としての開発が見込められるであろうとの事でした。小麦や米粉に比べるとパサつきが全く感じられずしっとりとしたケーキの為、誤飲も防げるのでは無いかとの見解でした。形が崩れやすいのでホール対応でなく、カップの対応であれば問題ないかも知れません。
1月写真PD1

<大麦100%グルテンフリーパン>
★小麦は使用しておりません。大麦にはグルテンがありませんので、グルテンを強化してパンを製造している会社はあります。大麦は、作業性が悪く大麦本来の香である雑穀臭が強いので、美味しいパンの開発が今までは不可能に近いと言われていました。今回は、グルテンも全く使用していませんが、ユニテックフーズの米粉アップと言う添加剤を入れて試作を行いました。全く雑穀臭を感じず甘さがまし、モチモチ感が強いパンになりました。水分の調整が難しい商品ですが、今後は病院食などで機能性重視された開発が行われると需要も高まると感じています。
1月写真PD2


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

新潟の専門学校生の受入

1月23日(月)からの1泊2日にて、新潟の農業系の専門学校生の皆様が、グリーン・ツーリズムについて学ぶため、大田原へお越しくださいました。
将来の農業を担っていく若者たちが、単なる農業だけではなく、グリーン・ツーリズムについても、積極的に学び、将来へ活かしたいということで、大田原でどのような取り組みをしているのか、最初にお話をさせていただきました。
その後、農業を活かした取り組み以外にも、地域の方々とともに作っていくことが重要ということを気付いていただくために、お寺や芭蕉の句碑などの地域資源を見学いただきました。
ホテルにて1泊した翌日、大田原の伝統工芸である竹細工を体験していただき、大田原でなぜ伝統的に竹細工が盛んであったかなど知っていただいた上で、体験をしていただきました。
将来、地域の農業を担っていく若者たちが、自らが農業を営むだけでなく、自らがお世話になっている地域に出ていき、様々な方と連携して、大きなものを作り上げていく、そんなきっかけになるような機会となってくれれば、我々としても嬉しく思います。
 今後もこのような若者たちが、積極的に地域に出ていくきっかけになれるような取り組みをして、地域の活性化に繋げていければと考えています。
1月写真GT
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

共同重点研究

 本年度は、栃木県産業技術センターの食品技術部と宇都宮大学と弊社での共同重点研究を行っています。「大麦のダイレクトGel転換による高付加価値加工技術の開発」を課題にして研究開発を行っています。1月26日に県内で発表を予定しておりますので、そのための最終の打合せをさせて頂いております。更なる技術と開発により素晴らしい商品が出来る事を期待しています。大麦の機能性に関しての研究開発も数年行ってきましたが、栃木県の麦の収穫が多い事と、大田原市内の農家さんも沢山美味しい麦を耕作しているのですが、中々美味しい商品の開発が難しいため、この開発を受託致しました。作業性の悪さと雑穀臭の強さがネックですが、この研究で作業性も上がり雑穀臭がマスキングなしでも大丈夫な結果も出てきました。来年度4月からもこの研究を引き続き行う事が決定しております。更にグレードアップした商品を開発できればと考えています。下記の写真は、通常グルテンの無い大麦ではパンは膨らみませんが、100%大麦でパンを焼成致しました。
PD写真
グルテンフリーの大麦100%パン

★商品を購入したい、もしくは取り扱いたい方、その他ご質問は下記までお問い合わせください。 
株式会社 大田原ツーリズム
〒324-0041栃木県大田原市本町1-3-3 大田原市総合文化会館2階
TEL:0287-47-6759  FAX:0287-47-6760  Email:info@ohtawaragt.co.jp

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

東京の高校生の受入

12月19日(月)からの1泊2日にて、東京の高校生の皆さまが、農家民泊とチームビルディングの体験のため、お越しくださいました。
大きな学校さんのため、普段なかなかクラスの生徒さん以外とコミュニケーションを取る機会がなく、今回は親睦を深めるということが目的ということで、冒頭にチームビルディングのプログラムを取り入れました。普段話したことのない生徒さんたち同士が自然とコミュニケ―ションを取ることができるプログラムは、参加者の皆さんにとって、いい経験になったようです。これまで顔を見たこともなかった同級生と知り合うことができるいい体験となりました。
 その後は農家民泊です。一緒に生活をすることで、仲間同士でも普段とは異なる一面が見れたようで、生徒さんたちの仲もぐっと深まるとともに、学校生活では味わうことのできない、農村での体験を満喫しているようでした。生徒さんたちは冬でも農家さんがたくさんの仕事をしていることが、とても印象に残ったようでした。
 今後も学校様のニーズに合わせたプログラムを展開していくとともに、大田原の雪があまり降らないという特徴を活かした「冬の農家民泊」も、積極的に展開していきたいと考えています。
GT写真
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)