カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「商品開発 」カテゴリ記事一覧


共同重点研究発表会

1月26日(木)に宇都宮アグリプラザにて、フードバレーとちぎの共同重点研究発表会が行われました。弊社は、宇都宮大学・産業技術センターと共同で「大麦のダイレクトGel転換による高付加価値加工技術の開発」を行っております。今回は、弊社で試作した「大麦100%パン」「大麦ゲルチョコケーキ」を皆様に試食頂きました。アドバイザーとして高島屋商品部・フードバレー十勝・宇都宮短期大学栄養科の教授が参加頂き、9社の商品の感想を述べられました。中でも弊社の研究をとても高く評価頂きました。グルテンフリー商品である事、機能性が高い事、これからの高年齢者の介護職としても需要がある事、アレルギーの対策商品である事などをお話し頂きました。まだまだ試作レベルの商品ですが、今後他社とのコラボで商品化の可能性は高いと思われます。

<大麦ゲルチョコケーキ>
★小麦は使用しておりません。アレルギー対策と大麦の水溶性の食物繊維が豊富である事、チョコレートのポリフェノールの機能性と高カロリーである事から、高年齢者の介護養殖としての開発が見込められるであろうとの事でした。小麦や米粉に比べるとパサつきが全く感じられずしっとりとしたケーキの為、誤飲も防げるのでは無いかとの見解でした。形が崩れやすいのでホール対応でなく、カップの対応であれば問題ないかも知れません。
1月写真PD1

<大麦100%グルテンフリーパン>
★小麦は使用しておりません。大麦にはグルテンがありませんので、グルテンを強化してパンを製造している会社はあります。大麦は、作業性が悪く大麦本来の香である雑穀臭が強いので、美味しいパンの開発が今までは不可能に近いと言われていました。今回は、グルテンも全く使用していませんが、ユニテックフーズの米粉アップと言う添加剤を入れて試作を行いました。全く雑穀臭を感じず甘さがまし、モチモチ感が強いパンになりました。水分の調整が難しい商品ですが、今後は病院食などで機能性重視された開発が行われると需要も高まると感じています。
1月写真PD2


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

共同重点研究

 本年度は、栃木県産業技術センターの食品技術部と宇都宮大学と弊社での共同重点研究を行っています。「大麦のダイレクトGel転換による高付加価値加工技術の開発」を課題にして研究開発を行っています。1月26日に県内で発表を予定しておりますので、そのための最終の打合せをさせて頂いております。更なる技術と開発により素晴らしい商品が出来る事を期待しています。大麦の機能性に関しての研究開発も数年行ってきましたが、栃木県の麦の収穫が多い事と、大田原市内の農家さんも沢山美味しい麦を耕作しているのですが、中々美味しい商品の開発が難しいため、この開発を受託致しました。作業性の悪さと雑穀臭の強さがネックですが、この研究で作業性も上がり雑穀臭がマスキングなしでも大丈夫な結果も出てきました。来年度4月からもこの研究を引き続き行う事が決定しております。更にグレードアップした商品を開発できればと考えています。下記の写真は、通常グルテンの無い大麦ではパンは膨らみませんが、100%大麦でパンを焼成致しました。
PD写真
グルテンフリーの大麦100%パン

★商品を購入したい、もしくは取り扱いたい方、その他ご質問は下記までお問い合わせください。 
株式会社 大田原ツーリズム
〒324-0041栃木県大田原市本町1-3-3 大田原市総合文化会館2階
TEL:0287-47-6759  FAX:0287-47-6760  Email:info@ohtawaragt.co.jp

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

にいがた6次化大賞


11月16日~18日まで開催された、「フードメッセにいがた2016」の展示会に参加致しました。にいがた6次化フェア2016 6次化大賞の最終審査に「大田原の恵 米粉パスタ」が最終14社に選ばれ16日にプレゼンテーションを行いましたが、最終審査の賞を頂く事が出来ませんでした。沢山の方々に試食頂き、好評のパスタをこれからどの様に営業して行こうか試行錯誤しています。この商品は、じっくり取り組んで参りたいと考えております。先ずは、沢山の方に認知頂く事が大切だと思います。
PD新潟ポスター

<フードフェスタ宇都宮>
11月22日に宇都宮で行われたフードフェスタに参加致しました。食品以外の出展者も合わせ全体で326社の出展で賑わいました。既存の取引先や各社の紹介なども受けて商品の提案を行いました。米のカテゴリーや麺のカテゴリーの中で、「米粉パスタ」と那須御養卵の親子つくね棒が人気商品となりました。
PDパスタPDつくね棒
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大田原の恵米粉パスタ

お米100%の麺の開発をお米の作付けから行い2年間掛けて開発した「大田原の恵米粉パスタ」が完成いたしました。地元の農家さん・JAと栃木県内の製粉・製麺所で皆で知恵を絞り完成となりました。地元のレストランでメニューを監修頂き、皆様に愛される商品を営業させて頂きたいと考えています。GI値の低い高アミロース米を使用して、小麦は一切使用していません。卵も不使用です。大豆は、植物油脂を使用していますので、一部使用しております。アレルギーの方に、GI値を気にされている方々にお勧め商品です。モチモチの食感が美味しさを引き立てます。

H2810PD写真4H2810PD写真3H2810PD写真1H2810PD写真2
H2810PD写真5

 ★米粉パスタメニュー★
 トマトの冷製パスタ
 万願寺唐辛子と椎茸のパスタ
 冬瓜とオクラのパスタ
 ウィネグレットソースの冷製パスタ
 ビーフシチューのパスタ

<天狗王国まつり>
10月23日(日)に例年行われる、天狗王国まつりに参加致しました。この会場は、なかがわ水遊園の広い広場で行われます。各県からよさこいの大会の為に沢山の方々がお越し頂くお祭りです。本年度の来場客は5万人越えをしたとの事でした。弊社は、このお祭りの日に米粉パスタを発売日に致しました。朝から現地で仕込みを始め夜の8時まで300食のパスタを調理して販売致しました。一緒に那須の御養卵入り親子つくね棒を販売させて頂きました。約250本の販売でした。美味しいと何度も足を運んで頂いた方々に感謝して
花火が上がって最後のフィナーレまで、お客様が絶えることなく販売は続きました。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大手問屋と商品企画・開発

現在の食は、沢山の商品を選択でき、また美味しい商品も沢山販売されています。その中で商品の企画開発を行っている弊社にとっては、他社が行っていない企画を取り上げて頂ける企業様がとても大切です。前回のコロッケの反響からこの企画も取り入れられました。また女性が消費者ですので、女性の購買を上げるような商品の開発として「れんこんメンチカツ」「那須御卵入り親子つくね棒」を発売させて頂きました。「れんこんメンチカツ」は、販売店が茨城県北茨城市本社のスーパー様に約14店舗販売のため、霞ヶ浦のレンコンを採用して、大田原の鶏肉・豚肉・唐辛子を取り入れて仕上げました。美味しいブランドれんこん「味よし」を使用した女性好みのヘルシーメンチカツです。「那須御養卵入り親子つくね棒」は、大田原市の稲見商店さんのブランド卵「那須御養卵」を使用し、那須御用卵の親鳥も使用した所から、親子つくねとなりました。この商品も茨城県のスーパー様14店舗と同時に、大田原市内の居酒屋さんで販売をさせて頂きます。鶏肉の柔らかさと親鳥の美味しさで、味付けは、シンプルですが肉の旨みで、其のまま食べても美味しく頂けます。中々商品企画を大手の問屋様と行える機会が少ない状況に中、若手の意欲のあるバイヤーさんが参加して頂きました。お客様のニーズで商品を企画・開発して他社との差別化を図ることで、今後のお問い合わせも倍増する事になります。商品の企画は、常に沢山の引き出しを持ち合わせております。その中で常に、30アイテム以上の商品を構築していきます。商品の中には、2年間位の研究開発を行っている商品や1か月以内で商品化出来てしまう商品まで、短期と長期に分けて同時進行しています。また現状では、商品化出来ない案件も50例以上を企画保留として、顧客からの要望を聞き入れた時に、何時でもその場で提案出来るような企画を組み立てられるようにしております。今後も大田原の資源を沢山のお客様に認知頂けるように、邁進していきたいと考えております2809PD写真s
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)