FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


東京都内私立中学校の皆さんが農家民泊体験にお越しくださいました!

 8月27日(月)からの2泊3日で、東京都内の私立中学校様が大田原を中心とする那須地域にお越しくださいました。こちらの学校様は今年で受入が3回目となります。
 初日から農家さんのお宅で各班に分かれ農家民泊体験を実施いたしました。熱中症の危険を先生方は心配されておりましたが、十分な水分補給を行いながら種まき・定植・収穫・出荷作業など様々な体験を実施し、大きな事故もなく無事に農家民泊の受け入れを終わることが出来ました。
 最終日には全体体験として、この地域における農業の課題・魅力・新たな取組みなどをメインテーマとし、班ごとに若手農家さんとのディスカッションを行いました。生徒から積極的に意見や質問が出されており、議論は大いに盛り上がっておりました。
 先生方も各農家での体験・若手農家さんとのディスカッションを非常に満足されていたようで、来年の受け入れも是非にとのお言葉をいただいております。
1809-2.jpg
1809-1.jpg
(写真:若手農家とのディスカッションの様子)
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

都内区立中学校の皆さんが農家民泊体験にお越しくださいました!

7月21日(土)からの2泊3日にて、都内区立中学校2年生の生徒177名と引率10名の合計187名が大田原を中心とする那須地域にお越しくださいました。
今年度、受入4年目を迎える学校で、昨年は中止となっていた学年全体での「体験」を実施することが出来ました。「体験」の一つとして、日本一の生産量を目指している「大田原のとうがらし生産」に関わる奉仕活動を、とうがらし圃場での草刈りを中心に圃場整備を行いました。今回は災害的な暑さだったため、先生方は熱中症の危険を心配されておりましたが、十分な水分補給を行いながら体験を進めていただきました。
その後は各農家さんのお宅に分かれ農家民泊体験を実施いたしました。農家での作業や体験を早朝・夕方に実施するなど、受け入れ農家様が内容を工夫してくださったお陰で、大きな事故もなく無事に農家民泊の受け入れを終わることが出来ました。
今回は、日中炎天下での農家体験でしたが、各受入家庭では、生徒たちの体調に配慮し早朝に実施するなど対応したことで、大きな問題もなく、有意義な体験となったことについて、先生方も満足されていたようです。

taiken7gatu.png
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

横浜市の小学校の皆さんが農家民泊体験にお越しくださいました!

6月21日(木)からの1泊2日にて、横浜市の公立小学校6年生の生徒70名と引率6名の合計76名が大田原市・那珂川町にお越しくださいました。
こちらの学校様は今年度新規に受け入れをさせていただき、農家民泊については初めて体験されるとのことで、大田原市・那珂川町の農家さんのお宅で各班に分かれ農家民泊体験を実施いたしました。
初めての農家民泊体験という事で、先生方も心配されておりましたが、巡回車にて各家庭を回った際に子供たちの表情をご覧になられ、学校とは違った表情を見せる子供たちに非常に満足されておりました。その半面、農家さん宅での滞在時間が思いのほか短い行程だったことに関して、先生方や一部の農家さんが残念に感じていたようで、弊社としても行程について、今後より良いご提案を出来ればと思っております。

201806.jpg
(写真:入村式の様子)

校長先生からは来年度もぜひ継続したいとのお言葉を頂いており、今回は1泊でしたが、受け入れてもらえるならば2泊も検討したいと仰っていただきました。
来年度以降も継続できるよう、フォローを行っていきたいと考えております。




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

5月 たくさんの学生さんが農家民泊体験にお越し下さいました!

5月度はお陰様で、小学校1校、中学校4校、高等学校1校、台湾の学校2校の合計8校と、たいへん多くの学校様に弊社の農家民泊体験にお越し下さいました。
その中の1校、東京都の公立中学校2年生の生徒166名と引率8名の合計174名が5月9日(水)からの2泊3日の行程で大田原市・那珂川町・那須町にお越しくださいました。こちらの学校様は今年で3年目の受入れとなります。昨年と同様、那珂川町の小砂地区で田植えを実施したのち、大田原市・那珂川町・那須町のそれぞれの農家さんのお宅で各班に分かれ農家民泊体験を実施いたしました。
1日目の小砂地区での田植えはあいにくの雨模様でしたが、2日目からの各農家での家業体験では、天候も戻り絶好の農業体験日和となりました。
同中学校の校長先生からは嬉しいことに「来年度も受け入れをして頂けるならばぜひお願いしたい」とのお言葉もいただいております。
IMG_4920-1.jpg
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

米国中高生の受入

アメリカ中高生
3月22日(木)からの4泊5日にて、米国中学校・高等学校の生徒19名と引率6名の合計25名が大田原市・那須町にお越しくださいました。
滞在のうち2泊を大田原市・那須町の農家さんのお宅での民泊体験を実施しており、日本の田舎や文化などを体験していただきました。特に日本家屋の作りに興味を持っていただいたようです。また、お米のおいしさにも子供たちは驚いていたようでした。
 今回の受け入れが中学・高校生ということもあり、長旅と時差、大田原にお越しいただく前の過密なスケジュールにより、疲れも出ていたようで、毎日早めの就寝だったようです。お疲れの中でも、お米のおいしさや大田原の良いところをきちんと実感されて戻られたようでしたので、今後も受け入れに関して積極的に携わっていきたいと思います。受け入れ農家様も、言葉の壁はあっても心で通じたようでした。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)