東京の高校生の受入

12月19日(月)からの1泊2日にて、東京の高校生の皆さまが、農家民泊とチームビルディングの体験のため、お越しくださいました。
大きな学校さんのため、普段なかなかクラスの生徒さん以外とコミュニケーションを取る機会がなく、今回は親睦を深めるということが目的ということで、冒頭にチームビルディングのプログラムを取り入れました。普段話したことのない生徒さんたち同士が自然とコミュニケ―ションを取ることができるプログラムは、参加者の皆さんにとって、いい経験になったようです。これまで顔を見たこともなかった同級生と知り合うことができるいい体験となりました。
 その後は農家民泊です。一緒に生活をすることで、仲間同士でも普段とは異なる一面が見れたようで、生徒さんたちの仲もぐっと深まるとともに、学校生活では味わうことのできない、農村での体験を満喫しているようでした。生徒さんたちは冬でも農家さんがたくさんの仕事をしていることが、とても印象に残ったようでした。
 今後も学校様のニーズに合わせたプログラムを展開していくとともに、大田原の雪があまり降らないという特徴を活かした「冬の農家民泊」も、積極的に展開していきたいと考えています。
GT写真
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

大田原市 移住体験ツアー 開催

2月25日(土)~26日(日)に大田原市移住体験ツアーを開催します。
このツアーは、大田原の街と自然が共存し、食べ物の良さや人の良さを感じられるツアーで、大田原市の子育てに関しての支援を知り、移住について想像ができるようなツアーとなっております。
1泊2日(昼食2回、夕食朝食1回付き)の体験料金は、大人5,000円、子ども2,000円で東京駅が集合解散場所となります。
今回は「農と自然に暮らす旅」「シニアなゆとりで暮らす旅」のコースを2つ分けてご用意しました。目的に合わせて施設の見学と体験をして頂く予定です。また宿泊に関しても、農家民泊とホテル宿泊を選択できるようになっております。
お食事は、地元の食材を生かした料理を堪能していただき、また季節の農作物イチゴを収穫する体験していただく予定です。また、夕食には地元の方との交流会をいたしますので、大田原での生活について、先輩の意見を聞くことが出来ます。
五感をフルに使い大田原市を感じて、自分たちの生活の未来について考えてみませんか。

お問い合わせ:大田原市移住・定住サポートセンター 
       【e-mail】 life-support@ohtawara-miraijyuku.jp
【TEL】 0287‐46‐5102
お申し込み:株式会社大田原ツーリズム 
       【e-mail】info@ohtawaragt.co.jp
【TEL】0287-47-6759
チラシ表1チラシ裏2
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

にいがた6次化大賞


11月16日~18日まで開催された、「フードメッセにいがた2016」の展示会に参加致しました。にいがた6次化フェア2016 6次化大賞の最終審査に「大田原の恵 米粉パスタ」が最終14社に選ばれ16日にプレゼンテーションを行いましたが、最終審査の賞を頂く事が出来ませんでした。沢山の方々に試食頂き、好評のパスタをこれからどの様に営業して行こうか試行錯誤しています。この商品は、じっくり取り組んで参りたいと考えております。先ずは、沢山の方に認知頂く事が大切だと思います。
PD新潟ポスター

<フードフェスタ宇都宮>
11月22日に宇都宮で行われたフードフェスタに参加致しました。食品以外の出展者も合わせ全体で326社の出展で賑わいました。既存の取引先や各社の紹介なども受けて商品の提案を行いました。米のカテゴリーや麺のカテゴリーの中で、「米粉パスタ」と那須御養卵の親子つくね棒が人気商品となりました。
PDパスタPDつくね棒
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)