スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

中国人高校生の受入

11月10日から3泊4日で、中国人高校生の皆様28名と引率者2名に大田原を中心とした栃木県へお越しいただきました。
今回は日本の伝統文化を体験されたいということで、ホームステイを通じた各家庭での日本の伝統的な暮らしの体験以外にも、様々な日本の伝統文化を体験していただきました。
一行はまず那須烏山高校で日本の学生さんと交流し、日本の学生生活に触れるとともに、同世代の仲間づくりとして、積極的にコミュニケーションを取っておりました。お別れの際には日本の学生さんも涙するなど、一期一会の素晴らしい出会いが印象的でした。
その後、大田原で日本人の伝統的な精神文化の一つである坐禅を体験していただきました。中国ともゆかりの深い仏教と日本のお寺の歴史についても説明いただき、中国の学生さんたちも、日本人の精神的な面での充実の一端を感じていただくとともに、日本と中国の繋がりを実感して頂く象徴的な体験となりました。
また草木染も体験し、日本人が古来から大切にしてきた、派手さとは異なる、奥深くつつましい美意識についても触れていただきました。
その後8軒の農家さんに分かれてのホームステイも実施。今回は1泊2日という短い滞在となってしまいましたが、各家庭では非常に印象深い受入となったようで、学生さんたちの真面目で勉強熱心かつ目上の人をとても敬う精神に受入家庭に皆さまも感心されておられました。ステレオタイプな中国人のイメージが大きく変わった瞬間だったと多くの方がお話されておられました。
今後も様々な国の方を受け入れながら、日本人が抱きがちなイメージとは異なるそれぞれの国の人々の良さを、地域の方々にも知ってもらえる、そんな機会を積極的に作っていきたと考えております。

2811 GT写真
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。